コンセプトCONCEPT

  • HOME
  • コンセプト

学校のコンセプト デザイナーの力を120%引き出し
強いブランドを作る発注者になる

本プログラムではJPDAが考える最強の発注者に必要な力を下記の3つの分野に分け、第一線で活躍するデザイナーやディレクターを中心にプログラムされています。明日から使える実践的な内容と知識を、オンライン形式で効率よく学べ、終了後すぐに使える発注力を育成します。

ボトルイメージ

最高のコンセプトと
オリエンテーション BEST CONCEPT, BEST ORIENTATION

パッケージデザイン制作の根幹をなすのは商品のコンセプトとそれをデザイナーに伝えていくオリエンテーションにあります。
コンセプトとオリエンテーションに絞って、実例を踏まえながらコンセプトとは何か、オリエンテーションに必要な情報について学んでいきます。

講座のポイント

  • 魅力的なコンセプトを作れているか。
  • そのコンセプトに自信があるか。
  • デザイナーを奮い立たせるオリエンテーションをしているか。
事例に学ぶオリエンテーションの実践
オリエンテーションシートの作り方
ヒットを生み出すコンセプトとデザイン開発
デザインによる問題解決

デザインの知識と理解 DESIGN KNOWLEDGE & UNDERSTANDING

パッケージデザインを進めていく上で必要な知識には様々なものがありますが、その中でもブランドに代表されるマーケティングの知識、デザインと美の関係、印刷や加工など、デザインを商品にしていくときに欠かせない印刷や素材の知識等について学んでいきます。

講座のポイント

  • パッケージデザインの役割について理解しているか。
  • 知識不足からデザイナーに無理な発注をしていないか。
  • デザイン開発プロセスを知らないことで、時間を無駄にしていないか。
デザイン知識・用語
デザインの価格
デザイン開発のプロセス
包装・印刷・加工
パッケージデザインとブランディング
デザインと法律

デザイナーと社内に
思いを伝えるには (クライアント・社内・デザイナーとのコミュニケーション) FOR BEST COMMUNICATIONS

デザインのオリエンや修正といったデザイナーとのコミュニケーションや、デザインの社内の説明などデザインに関することをどう伝えていくかは質の高いデザインを世に出していくにあたってとても重要です。発注側、デザイナー側の両方の立場からいいコミュニケーションとは何かを考えます。

講座のポイント

  • デザイナーとよいコミュニケーションが取れているか。
  • 社内に上手にデザインの説明ができているか。
  • デザイナーとの信頼関係は築けているか。
デザイナーとのコミュニケーション
デザインの説明
客観的なデザインの評価
修正の依頼

こんな方におすすめ

ブランドマネージャー
デザインを発注
ディレクションしている
ブランドマネージャー
商品担当者
商品担当者
デザイン部門のディレクター
デザイン部門の
ディレクター
地域ブランド品のオーナー
地域ブランド品の
オーナー
商品担当者
製品・ブランドで
地域活性化を
目指す官公庁の方

パッケージデザインの学校3つの特徴

他社の作り方が学べる
他の会社がどんなデザインの作り方をしているのかを事例を通じて学ぶことができます。
1講座から受講できる
全16講座から興味のあるテーマだけを選んで受講いただくことも可能です。
圧倒的な講師陣
日本を代表するパッケージデザインのエキスパートが、知識と経験を直接お伝えします。

受講費用・お支払いについて

  • 講座単位のお申込
  • ¥5,500(税込) @1講座(JPDA会員は¥4,400)
  • お支払い方法 クレジットカード
  • 1講座あたり ¥5,500(税込)
    JPDA会員:¥4,400(税込)
  • 一括お申込
  • ¥55,000(税込) @全講座(JPDA会員は¥44,000)
  • お支払い方法 請求書払い
  • 1講座あたり 約¥3,700(税込)
    JPDA会員:約¥3,000(税込)